蔵書検索・予約

検索ページへ

利用案内
開館日・休館日
新着図書
予約ベスト
おすすめ情報
予約状況
パスワード・メールアドレスの変更
職員ブログ
しきしりつとしょかんこどもページ
子ども読書活動推進計画
市の図書館

柳瀬川図書館 いろは遊学図書館 宗岡公民館図書室 宗岡第二公民館図書室
事業案内
志木市役所
リンク集

事業案内

収集方針 沿革 統計 除籍基準 管理条例 設置条例
志木市立図書館資料収集方針
平成12年4月1日 制定
1.目的
図書館は市民の生涯学習を支援する中核的な施設であり、市民からの多様な資料要求に応えることが重要な役割である。
魅力ある蔵書をつくりあげるため、志木市立柳瀬川図書館、いろは遊学図書館、宗岡公民館図書室、宗岡第二公民館図書室(以下「図書館等」という。)から構成される図書館システム全体として収集する資料の基本となる方針を定める。
2.基本方針
  1. 資料の選択にあたっては、日本図書館協会の採択にかかる「図書館の自由に関する宣言第一」を基に資料の収集に努める。
    ア. 多様な対立する意見のある問題については、それぞれの観点にたつ資料を幅広く収集する。
    イ. 著者の思考的、宗教的、党派的立場にとらわれて、その著作を排除することはしない。
    ウ. 図書館等職員の個人的な関心や好みによって選択しない。
    エ. 個人・組織・団体からの圧力や干渉によって収集の自由を放棄したり、紛糾をおそれて自己規制したりはしない。
    オ. 寄贈資料の受入にあっても同様である。
  2. 市民の生涯学習支援のため必要な、各分野にわたる基本的資料を中心に収集する。
  3. 蔵書構成及び利用の実状などを考慮し、無駄のない体系的な資料構成に努める。
  4. 市民に多様な情報や資料の要求に応じた資料収集に努める。
3.選択方法
  1. 資料の選定は館長以下全職員が行い、定期的に行うものとする。
  2. 日頃の図書館活動において市民の利用傾向を把握し、各種出版情報、出版目録、新聞・雑誌の書評、その他の資料を体系的に調査し、収集する。
  3. 利用者のリクエスト、蔵書に対する意見を資料の収集・選定に活かし、各分野の網羅的な蔵書構成に努める。
4.資料収集の分担
柳瀬川図書館、いろは遊学図書館、宗岡公民館図書室、宗岡第二公民館図書室で構成する図書館システムの各々の役割と機能に応じた蔵書構成に留意するとともに、志木市立図書館全体で、体系的な資料の充実を図るものとする。
5.資料別収集方針
  1. 一般書
    ア. 基本図書の充実とバランスのとれた収集に努め、市民の多様な要望に応える。
    イ. 原則として、利用頻度が低いと思われる資料は全館室で相互に調整を図る。
    ウ. 図書館等の蔵書構成、地域性、市民のニーズを考慮して収集、選定する。
    エ. 利用者の要求が多い資料は、それに応えるため適切な数の複本をそろえる。ただし、将来の利用度を考慮して収集段階で調整を図る。
    オ. 外国語図書、漫画については、社会状況の変化や利用者の読書ニーズの多様化に配慮し収集、選定する。
  2. 児童書
    ア. 児童が読書の楽しみを発見し、読書習慣の形成と継続に役立つように、文学性豊かな資料を収集する。
    イ. 各分野の調べ学習に役立つ資料を幅広く収集し、内容が新鮮さを保つよう、適宜買い換えを進める。
    ウ. 長く読み継がれている普遍的な価値を持つ絶版資料の保存および復刊資料の収集に努める。
  3. 参考図書
    ア. 図書の内容が社会状況の変化等に対応し、新鮮であるように常に刊行年に留意する。
    イ. 典拠の表示が正確な図書を選定する。また、広範な領域から問題解決のための資料を収集するように努める。
  4. 青少年資料
    ア. 中学生、高校生を中心に13歳から20歳くらいを対象年齢とし、青少年が読書を楽しみ、成長の糧となるような資料を幅広く収集する。
    イ. 青少年を対象に出版された本、青少年の生活に結びつく本を収集する。
    ウ. 進路、就職、学校など将来を考える参考となる本を収集する。
    エ. 文学は、青少年に薦める本と青少年が興味を持てる本の両面から収集する。
  5. 郷土(地域)資料
    ア. 志木市に関する資料は、その形態に関わらずあらゆる分野にわたって網羅的に収集する。
    イ. 埼玉県および近隣市町村に関する資料は、基本的なもの及び志木市に関係が深いものを中心に収集する。
    ウ. 志木市出身者・在住者・団体などの著作やその人物について記述がある資料を幅広く収集する。
    エ. 志木市に関する逐次刊行物も幅広く収集する。
    オ. 児童生徒の利用にも配慮し、内容表現に幅をもたせた資料群を構築する。
  6. 逐次刊行物
    ア. 利用者により新しく、幅広い情報が提供できるように収集する。
    イ. 新聞は、国内発行の主要全国紙を中心に、児童・青少年向けのものも含めて収集する。地方紙、専門紙、機関紙についても、利用度、必要度に応じて収集する。
    ウ. 雑誌は、国内発行の各分野における基本的な雑誌を中心に、地方誌、児童・青少年向けのものも含めて幅広く収集する。なお、高度な専門雑誌及び娯楽雑誌については、利用度、必要度に応じて収集する。
    エ. 外国語新聞、雑誌などの逐次刊行物は、必要に応じて収集する。
  7. 視聴覚資料
    ア. コンパクトディスク、ビデオテープ、カセットテープ、レーザーディスクなどの視聴覚資料は、市販されているものを中心に、各分野にわたり幅広く収集する。
    イ. 新しい形態のニューメディア資料についても必要に応じて収集する。
  8. 電子出版資料
    CD-ROMなどのパッケージ系資料およびインターネットで接続できる情報源やオンラインデータベースなどの電子メディアに注目し、調査研究に資する資料の収集、選定に努める。
  9. 図書館利用に障がいのある人への資料
    図書館利用に障がいのある人への利用を供するため、録音資料、点字資料、大活字本など適切な形態の資料を収集および作成する。
  
6.次の資料は、原則として収集資料から除外する。
  1. 人権、またはプライバシーを侵害するものおよび、青少年に有害と思われる資料。
  2. 内容が特殊または高度な学術書で、将来の利用度が低いと予想される資料。
  3. ゲームブック類、キャラクター図書、学習参考書、受験参考書、各種試験問題集、ポスターブック、書き込み式などの資料。
7.委任
この収集方式に定めるもののほか、資料収集に関し必要な事項は、柳瀬川図書館長が別に定める。
 附則
この方針は、平成12年4月1日から施行する。
志木市立図書館図書の選定方針(昭和55年4月1日制定)は、廃止する。