• 文字サイズ
  • 標準
  • 拡大
  • 背景色変更
  • 標準

ここから本文です。

  1. ホーム
  2. 特別コレクション
  3. 松本幸雄バスケットボール文庫

利用者メニュー

松本幸雄バスケットボール文庫

松本幸雄氏(1911年~1973年)は関西学院、神戸三中、報徳学園、御影師範、龍野高校、神戸高校などで40年間バスケットボールの指導にあたり、その間、得意の語学力を生かして早くからアメリカの技術書を翻訳紹介した。昭和21年、兵庫県バスケットボール協会結成にも加わり、昭和27年理事長、32年副会長、近畿協会理事長を務めた。昭和48年1月、松本氏のご逝去にともない、永年にわたって収集されたバスケットポール関係図書資料406点が、遺言によって、ご子息の忠一氏から当時の道盛教育長を介して本館に寄贈された。
文庫の内容としては、バスケットボールの指導書、研究書をはじめ「篭球研究」「兵庫篭球」やアメリカの雑誌「スコラステイツク コーチ」「ザ アスレチック ジャーナル」、バスケットボール試合の新聞のスクラップ帳など昭和20年代から40年代にかけて収集した資料が中心となっている。

ページトップへ